HAZAWA VALLEYオフィシャルサイト
つながる街

新線開通でHAZAWA VALLEYとつながる魅力的な街をご紹介

spot1新横浜

新線「相鉄・東急直通線」の開通後には隣駅になる「新横浜」は、
現在もHAZAWA VALLEYから直通バスでつながる、一番近いビッグターミナル駅。
ショッピングも観光もイベントも、多彩な楽しみ方ができる街です。

街の紹介 introduction

かつての田園風景の街
駅の進化ととも急速に発展。

新横浜駅といえば新幹線駅であることが特徴の一つで、1964年の東海道新幹線の開業時に横浜線と交わる場所に誕生したのがこの駅です。当時の新横浜駅周辺は田園や森林ばかりで、停車する新幹線も「こだま」だけでした。その後、駅前が急速に発展し、この駅に乗り入れる在来線の本数や利便性も向上。2008年には品川駅と同様に新幹線の「全列車停車駅」へと昇格するなど駅の主要度が高まり、街も飛躍的に発展していきます。全ての新幹線が停車するということは、出張や旅行にスムーズということもありますが、実は東京駅、品川駅などへの通勤にも便利なのも隠れた魅力。急ぐ日や座っていきたい日には、新横浜駅から気軽に新幹線通勤ができるわけです。

2022年度下期に開業を予定している「相鉄・東急直通線」。この新線の誕生により「新横浜駅」は羽沢横浜国大駅と直結するお隣の駅になります。現在も新横浜駅とは路線バスでつながっていますが、新線開通でアクセスがさらにスムーズに。気軽に往来できる街になっていきます。

新幹線試運転時の新横浜駅の様子。駅周辺には田んぼや森が見える。
新幹線試運転時の新横浜駅の様子。
駅周辺には田んぼや森が見える。
(資料提供:横浜市史資料室)
現在はアクセス性が高い駅として、周辺にはオフィスや共住地が増えている。
現在はアクセス性が高い駅として、
周辺にはオフィスや共住地が増えている。

ロケーション location

ホテル、商業施設から
スタジアムまで
多彩なスポットが集結。

観光スポットとしては、全国各地のご当地ラーメンが味わえる「新横浜ラーメン博物館」が駅から徒歩5分の場所に。少し離れると大型屋内イベント施設「横浜アリーナ」や、2002年の日韓合同開催のサッカーワールドカップでも使用された「日産スタジアム」もあり、様々なイベントが開催されています。

新横浜は、バラエティ豊かなスポットが集結するエリアでもあります。駅周辺にはビジネス客や観光客など多様なターゲット向けのホテルが集結。また、新横浜駅直結の駅ビル「キュービックプラザ新横浜」は全10フロアにファッションやレストラン、家電量販店が揃い、ホテル併設のショッピングモール「新横浜プリンスペペ」も駅周辺にあり、ショッピング環境も充実しています。

キュービックプラザ新横浜
POINT1キュービック
プラザ
新横浜
新横浜プリンスぺぺ
POINT2新横浜
プリンスぺぺ
新横浜ラーメン博物館
POINT3新横浜
ラーメン博物館
横浜アリーナ
POINT4横浜
アリーナ